鉄道模型は意外と壊れやすいので注意

鉄道模型は意外と壊れやすいので注意

鉄道模型はデリケートなものですから、以外にも壊れやすくなっています。
出来ることなら、コレクターの商品のみならず、例えば人の家で遊ばせてもらう時でも、鉄道模型を触る時は非常に注意をするべきです。
特に気をつけるべきは、お子さんの動きです。
子供のいる家には鉄道模型やNゲージが置いてあります。
丁寧な鉄道模型買取はコチラ
子供は鉄道模型が好きですから、鉄道模型のある家に行くと、どうしても遊びたがります。
そして、そうして遊んでいる時に事故が発生するのです。
これは私の経験談ですが、鉄道模型の電車に、アニメキャラの人形を乗せて、まるで乗客のようにしたいと思い、それを実行しました。
人形は乗っからず、線路に落ちました。
鉄道模型は線路を循環するように出来ていたので、模型が当然、人形を轢きます。それが楽しくて目的が変わってしまい、何度も人形を列車に轢かせている内に、列車の挙動がおかしくなり、ストップしてしまいました。
こうしてわたしは他人の鉄道模型を破壊し、弁償するはめになったのです。
鉄道模型は壊れやすいので、気をつけましょう。